格安sim(mineo)に変えて2年たちました

スポンサーリンク
スポンサーリンク

まぁ格安simに変えてよかったなぁ。というお話です。

注:私はmineoや格安sim業者の回し者ではございません。

私はもともと14年ぐらいドコモを使ってました。

月に6,500円ぐらい払い続けていましたが、なんとなく変えづらい、ドコモへの愛着なのかわかりませんが、理由をこじつけ格安simに切り替えることはありませんでした。

当時周りに格安simにしている人もいませんでしたしね。

3大キャリアであるメリット

3大キャリアのメリットはもちろんあります、なければみんな変えてると思いますので。

  • ショップに駆け込めば機器不具合、質問ごとはなんでも解決できる
  • 回線速度はやはり速い
  • 大手である安心感

ですかね。

逆に言うと、上に書いた反対が格安simのデメリットになります。

格安simのメリット

もぅこれしかないですよね、月額料金の安さです。

もともとドコモ時代は月に6,500円ぐらい払っていましたが、

今はmineoに変えて、月に1,730円(3GBコース)です。

自宅にはwifiがあり、動画も見ないので3GBコースで事足りています。

2年たちましたと書きましたが、細かくは27か月たっているみたいで、

単純比較ですが、

ドコモ:6,500円 x 27か月 = 175,500円

mineo:1,730円 x 27か月 = 46,710円

その差なんと128,790円となりました。

※ドコモの金額は覚えていないのでだいたいです。

この金額差は大きいですよね、格安sim変える前に同じ計算をして驚いた記憶があります。

格安simのデメリット

格安simのデメリットはなんでしょう。

私が使っているのがmineoなので、mineo基準の話になります。

  • ショップがない
    ・基本的にオンラインで申し込みをする形になるので、simカードも郵送で送られてきます。
    ・端末はmineoから購入するか、自分で調達するか、切り替え前の端末が使えるならそれを使うのいずれかになります。
    ・端末故障時は保証に入っている場合は、修理/交換してもらえますが、もちろん即日対応等はできません。
    ・自前で調達した機種についてはメーカーサポートを頼ることになります。
    ・ただmineoについては都心部であれば、ショップもあるので対面で申し込みもできます。
  • お昼休みや夕方ごろは速度が遅い
    ・これは格安simの宿命と言えそうです、普通のHPを閲覧するに待たされる感はあります。
    ・各格安sim業者さんにがんばってもらうしかないでしょう。
  • mineoってなんよ
    ・mineoは関西電力グループのケイ・オプティコムが運営してます。
    関西の方なら耳にしたことあると思います、まぁいきなり無くなることはないでしょう。

今後もmineoを使い続けます

特に大きな問題もないので、今後もmineoを使い続けます。

mineo切り替え時に買ったASUS Zenfone 3 laserというミドルレンジの

スマートフォンも元気に動いています(購入価格3万円ぐらいでしたかね)

ハイエンド端末も必要であればいいと思いますけど結局高いんですよね。

もともと新しい物好きなので、機種についてはそろそろ変えたいとは

思っていますが、引っ越しで物入りな時期なので、少し我慢します。

格安simはデメリットもありますが、それが許容できるレベルであれば、

月額料金が大きく下げられるメリットがあります。

差額は月々の投信積み立てに回すのもありですね。

 

こんな感じでたまには投資以外のことも書いていければと思います。

ではでは。


ランキングに参加してます、クリックのご協力お願いします。
にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ

コメント